婚約の証に贈る指輪

ハート

最近の指輪選びの傾向とは

婚約指輪は、男性が結婚の約束をした女性に対して贈るアクセサリーです。プロポーズの際の演出としてもよく使われていますが、最近はこれを省略して結婚指輪のみを贈るケースも増えました。しかしいまだに婚約指輪にこだわるカップルは多く、今後も結婚の際の記念として贈り合う文化は残りそうです。なお婚約指輪は給料の三か月分というのが相場でしたが、最近はそんな値段の縛りを気にする方が少なくなりました。そのせいか、いまは20万円から40万円程度の値段帯の物がよく売れています。ただ一般的に結婚指輪よりも高価な物を選ぶ傾向が強く、デザイン的にも婚約指輪の方がその分派手めになっています。また最近婚約指輪のトレンドになっているのは、結婚指輪と重ね漬けできるタイプです。このため結婚指輪と婚約指輪をバラバラに買うことはせず、同じブランドで統一する購入者も少なくありません。そんなパターンもあるので、やはり指輪を買う時は贈る相手とよく相談して購入する方が無難です。これ以外にも婚約指輪を購入する時は、アフターケアが手厚いことも考慮して選ぶようにしてください。いくら大切に扱っていても、長く使用しているうちに婚約指輪が摩耗したり宝石が取れてしまうことはよくあります。そんな時に販売店のサポートがあれば、すぐに指輪を補修することも可能です。サイズ直しやクリーニングも含めてこの先長く利用することになるので、販売店の良し悪しは重要なポイントになります。そのことを踏まえて、サービスや評判のいい販売店で婚約指輪を買い求めるようにしましょう。

Copyright© 2018 婚約指輪の基本デザインを徹底解説【リングの測り方を紹介中】 All Rights Reserved.